難しい病気を治すには、専門医が不可欠となります。また、適切かつ迅速な検査室、
より高度な治療が可能な医療機器の設置も必要となります。さらに難病に対して、研究機関との連携も必要となります。
そしてホームドクターとの強固な連携により、動物たちとそのご家族に安心をご提供させていただきたいと考えています。
私たちはこの医療ネットワーク作りを「うちの子治すぞPROJECT」と名付けました。
このプロジェクトに向けて、当院を増設することになりました。このブログを通し、皆様に進捗をご紹介させていただきます。 うちの子治すぞPROJECT
2016年11月21日

《神経科からのご報告》

神経科にてライカ社製の手術用顕微鏡を導入しました。
すでに頭蓋内と脊髄の手術で使用を開始しています。
高倍率のレンズを使用することで、肉眼では出来ないような緻密な操作が可能になりました。
また、細かい血管や正常な神経組織を傷つけずに手術ができるため、より安全に手術を行うことが出来ます。
今後は脳腫瘍、脊髄腫瘍、クモ膜嚢胞などの繊細な操作が必要になる多くの神経外科手術での使用が期待されます。
image1 image3 image4 image5